Gigamarket of your possibilities

Japan Industry & Trade News
Your Gateway to Japan's Leading Industry Newspapers

  • アサヒビールがワイン事業売上高3%増を目標に

    アサヒビールがワイン事業売上高3%増を目標に

     アサヒビールは19日開いたワイン事業の説明会で、欧州産ワインや国内製造ワインなどラインナップの拡充し、ワイン輸入・販売のエノテカ(東京)を含めた平成31年の事業売上高で前年比3%増の435億円を目指す方針を示した。30年の国内市場は前年比3%減とマイナスに転じたが、日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)発効で欧州産ワインの値下げなどワインに関する話題も多く、市場は伸長が予想されている。 説明会で松山一雄専務は「ワインへの注目が集まる機会が多い今年は、市場活性化のチャンス」と期待を寄せる。きっかけを作った欧州産ワインでは3月には40品目で価格改定するほか、スペインの家庭用ワイン3位の「ロス・モリノス」を導入する。 海外ワインの販売数量1位ブランドのチリワイン「アルパカ」ではオーガニックワイン2商品(参考価格1220円)を3月に追加し、飲用シーンの拡大を狙う。アルパカブランド全体で6・8%増の150万ケース(1ケースは9リットル換算)を目指す。 日本ワインでは自社ブランド「サントネージュ」が東京五輪・パラリンピックで日本ワインでは唯一のオフィシャルワインであることを訴求し、限定品...

  • 「つぶせるわけがない」華為創業者が米に猛反発

    「つぶせるわけがない」華為創業者が米に猛反発

     中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)の創業者兼最高経営責任者(CEO)の任正非氏は、英BBC放送が19日までに報じたインタビューで「米国が当社をつぶせるわけがない」と語り、米政府が安全保障上の脅威を理由に各国へ同社排除を求めていることに反発した。 高速大容量の第5世代(5G)移動通信システム開発でファーウェイは先行しているとされ、任氏は「(他社よりも)当社は進んでおり、世界はわれわれを放っておかない」と強調。今後の事業拡大に自信を見せ「米国は世界の代表ではなく、一部分にすぎない」と語った。(共同)

  • 図柄入りナンバープレート、仙台版申し込みは全国3位

    図柄入りナンバープレート、仙台版申し込みは全国3位

     東北運輸局は昨年10月1日から交付が始まった「地方版図柄入りナンバープレート」の東北での申し込み状況についてまとめた。全国41の地域で導入されており、東北では盛岡、岩手、平泉(岩手県)、仙台、山形、庄内(山形県)の6地域(3県)がある。1月末段階で、仙台ナンバーの申込件数は自動車全体(軽自動車も含む)でみると、全国3位。事業用自動車に限っては全国1位となっている。 同局によると、「伊達政宗公と仙台七夕まつり」の図柄が入った仙台版のナンバープレートは1月末までに3471件申し込みがあった。1位の福山(広島県、広島東洋カープのカープ坊やなどの図柄)7045件、2位の熊本(くまモンの図柄)6419件に続く3位だった。 仙台ナンバーが好調だったのは、事業用自動車の申込件数が284件あり、全体数を押し上げたことも影響した。「際立って好調だったのは大型バスだった」と同局は説明する。 仙台市では6地域の中で唯一、図柄入りナンバープレートの普及促進協議会を昨年8月末に結成し、官民挙げて取り組んでいる。仙台市バスは約半数に当たる237台がこれまでに図柄入りに交換。来年度は残り半数を予定している。協議会...

  • EU離脱控え日本企業の脱出が加速 ホンダ撤退、家電メーカーも

    EU離脱控え日本企業の脱出が加速 ホンダ撤退、家電メーカーも

     英国の欧州連合(EU)からの離脱期限が3月末に迫る中、現地に拠点を置く日本企業が「合意なき離脱」に伴う混乱への準備を急ぎ始めた。ホンダは2021年中に英国の四輪車生産を終了する方針を固め、日立製作所など他の英国進出企業も身構える。国内産業界に“英脱出”の動きが広がりそうだ。 19日、ホンダの八郷隆弘社長は記者会見でEU離脱と英国生産終了の関係性を否定した。ただ、EU離脱の問題から先行き不透明感が増す欧州事業をテコ入れする狙いが透けてみえる。 英南部のスウィンドン工場では小型車「シビック」などを生産し、主に日本や米国向けに出荷。今後の生産は中国か日本に移される可能性がある。英国工場では、欧州での販売競争の激化から生産能力を従来の年25万台から大幅に縮小し、欧州では本業のもうけを示す営業利益の確保が厳しくなっていた。 自動車業界では、今年に入って生産戦略を見直す動きが活発化。日産自動車は3日、英北東部のサンダーランド工場で予定していたスポーツ用多目的車(SUV)「エクストレイル」の次期モデルの生産計画を白紙撤回すると発表。英中部のバーナストン工場で年約13万台を製造するトヨタ自動車も、生産...

  • 東洋水産も値上げ 「マルちゃん」ブランドの即席カップ麺約200品目

    東洋水産も値上げ 「マルちゃん」ブランドの即席カップ麺約200品目

     東洋水産は19日、「マルちゃん 赤いきつねうどん」など約200品目の即席カップ麺や即席袋麺について価格を6月1日の出荷分から引き上げると発表した。値上げ幅は税別の希望小売価格で約5~8%。 東洋水産は小麦などの原材料費が上昇したことや物流費、人件費の高騰も原因としている。 「マルちゃん 赤いきつねうどん」「マルちゃん 緑のたぬき天そば」のレギュラーサイズは13円値上げの193円。袋麺の「マルちゃん正麺シリーズ5食パック」は30円値上げの555円となる。

  • k1
  • k2
  • k3
  • 1
  • 2
  • 4
  • 5
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • k4
  • k6
  • k5
  • k7
  • k8
  • k9
  • k10