Gigamarket of your possibilities

Japan Industry & Trade News
Your Gateway to Japan's Leading Industry Newspapers

  • 【揺れる森林大国】(下)成長長産業化へ 中高層建築で需要創出

    【揺れる森林大国】(下)成長長産業化へ 中高層建築で需要創出

     「林業の生産額は年間約4500億円でそのうち木材が2500億円。奇異に感じられるかもしれませんが、残りの2000億円はキノコなのです…」 平成29年5月、政府の規制改革推進会議の農業ワーキング・グループが林業をテーマにして初めて開いた会合。座長から林業の経済規模について質問が出ると、林野庁の今井敏長官(当時)は木材とキノコとの比較を持ち出して、林業の現状を説明した。 国土の3分の2が森林で覆われる日本は森林大国だ。しかしその豊富な木材資源は十分に生かされているわけではない。 そんな林業に改革の波がようやく押し寄せている。高度成長期に大量に植林されたスギ、ヒノキを中心とする人工林が、約50年のサイクルを経て伐採の適齢期を迎えているからだ。 国内の森林約2500万ヘクタールのうち約1000万ヘクタールが人工林で、このうち半分は植林から51年以上がたっている。木材として有効活用できるチャンスであると同時に、放置していると、森林の機能が低下して土砂災害に直結しかねない。 安倍晋三政権はこれまでの政権とは異なり、林業改革を「成長産業化」という視点でとらえてきた。「農林水産業・地域の活力創造本部...

  • 火力への逆風、新技術で対応 三菱重工次期社長・泉沢清次氏

    火力への逆風、新技術で対応 三菱重工次期社長・泉沢清次氏

     三菱重工業の次期社長に4月1日就任する泉沢清次・取締役常務執行役員が、産経新聞のインタビューに応じた。石炭火力発電への逆風が強まる主力の「パワー部門」に関し「人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)を組み合わせ、新しいサービスを提供していく」と述べた。 同部門について泉沢氏は「既存設備のメンテナンスや、使い勝手の良い中大型ガスタービンの比率を高めていく」と説明。石炭火力を含め、強みのCO2(二酸化炭素)回収装置なども組み合わせた新ビジネスを検討しているという。 新設受注が難しい原子力分野は技術・人材の維持が課題で、泉沢氏は「国内原発の再稼働準備で一定の伝承は可能だが、工夫が必要だ」と懸念する。しかし、沸騰水型軽水炉(BWR)を手がける日立製作所や東芝との事業統合は「(三菱の)加圧水型(PWR)と開発の土壌が大きく異なる」と否定した。 国産初のジェット旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」は、来年の初納入へ向け最終的な飛行試験が今月始まった。「効率的な小型機の需要は今後さらに高まる」とみて、受注活動を強化する。 一方、防衛分野ではF35Aステルス戦闘機の国内組み立てが調達...

  • 米グーグル、ゲーム参入へ 専用機不要、業界変革も

    米グーグル、ゲーム参入へ 専用機不要、業界変革も

     米IT大手グーグルは19日、専用ゲーム機なしで、インターネットを経由してスマートフォンやパソコンを利用しゲームができる新サービス「スタディア」を年内に米国やカナダ、欧州で始めると発表した。新方式によるグーグルの参入で、任天堂とソニー、米マイクロソフトの3強がゲーム機で覇権を争う業界の構図に変化が起きる可能性がある。 新サービスはストリーミング配信で端末のブラウザーから遊ぶ方式。ゲームソフトをダウンロードする必要はない。最高で「4K」の高画質に対応。専用機器があればテレビにもつなげるという。料金体系や、日本での開始時期は明らかにしていない。 グーグル傘下の動画投稿サイト「ユーチューブ」では1日当たり2億人余りがゲーム関連の動画を見ているという。その際に「今すぐプレイ」というボタンを押せば数秒後にゲームを楽しめる。 グーグルは専用コントローラーも発表。ボタンを押せば、ゲームの動画をユーチューブに投稿できるという。(共同)

  • 国内初の研削加工見本市開幕 幕張メッセ

    国内初の研削加工見本市開幕 幕張メッセ

     国内初となる研削加工に特化した見本市「グラインディングテクノロジージャパン」(主催・フジサンケイビジネスアイなど)が18日、千葉市美浜区の幕張メッセで開幕した。国内外137社・団体が出展し、20日までの会期中に1万人の来場者を見込んでいる。 牧野フライス精機(神奈川県愛川町)は、工具を高精度に加工する研削盤を展示した。長時間の連続無人運転を可能とする砥石(といし)交換装置などを標準搭載し、高い生産性を実現した。従来のセンサーによる計測を内蔵カメラで行うことにした。同社営業サポート課の好崎惟史サブリーダーは「撮影して機械に認識させることによって、より高精細で効率的な加工が可能になった」と説明した。 シギヤ精機製作所(広島県福山市)は、中心がずれた位置にあるピンを加工する研削盤を紹介。リニアモーターなどを採用して、高速で安定した制御を実現した。同社営業部の井尻陽一郎営業技術課長は「最大で従来の3倍の生産能力を発揮することができる」とアピールした。

  • 伊藤忠が6年ぶり首位 就職人気ランキング

    伊藤忠が6年ぶり首位 就職人気ランキング

     就職情報会社の学情が18日発表した2020年春卒業予定の大学生らの就職人気企業ランキングによると、伊藤忠商事が6年ぶりに首位に返り咲いた。2位は味の素、3位はJTBグループと続いた。 昨年まで4年連続で1位の全日本空輸は5位に順位を下げ、昨年3位の日本航空も19位だった。航空業界で相次いだ乗務員の飲酒問題が影響したとみられる。 学情の担当者は「総合商社は、優秀な人材の獲得のために学生へのアピールを強化しており、軒並み順位を上げた。人気に陰りのあるメガバンクから学生の志望が移ったことも影響した」と説明した。 トップテンにはJTB、全日空に加え、4位にオリエンタルランド、6位にエイチ・アイ・エス(HIS)が入った。一方、メガバンクは人気が低迷し、47位の三菱UFJ銀行(昨年41位)が最高だった。 男女別では男性は伊藤忠商事、女性はJTBがそれぞれ1位だった。文理別の1位は文系が伊藤忠商事、理系は味の素となった。 調査は昨年12月~今年3月に20年春卒業予定の大学生・大学院生を対象に実施。9482人の回答を集計した。

  • k1
  • k2
  • k3
  • 1
  • 2
  • 4
  • 5
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • k4
  • k6
  • k5
  • k7
  • k8
  • k9
  • k10